2021年01月16日

『まほろ駅前狂騒曲』 三浦しをん  <や・ば・い!>



【まほろ駅前狂騒曲】 「三浦しをん」

まだ3冊しか読んでいないけれど、三浦しをんさんの本は面白いわぁ〜



IMG_20210113_070535.jpg



まほろ市は東京都南西部最大の町。

駅前で便利屋「多田便利軒」を営む多田啓介と、

居候になって丸二年がたつ行天春彦。

二人のもとに、かつてない依頼が……

それは、夏の間、四歳の女の子「はる」を預かること。


慣れないことに悪戦苦闘する二人に、忍び寄る「魔の手」!

まほろ市内で無農薬野菜を生産販売する「家庭と健康食品協会」の幹部・沢村。

まほろの裏社会を仕切る、若きボス・星。

地元のバス会社・横浜中央交通(横中)に目を光らす岡老人。

彼らのおかげで、二人は前代未聞の大騒動に巻き込まれる!




このあいだの4連休の間、K-ちゃんの子守りをしていたんだけど・・

Kーちゃん、鼻水タラタラ・咳をゴホゴホ・耳は急性中耳炎になっとり、病院のお薬を飲んでました。
熱が出なかったのが不思議なくらい、そんな状態でも遊びまくっておりました。
当然、「ばぁばぁ〜〜〜!抱っこ〜〜」と何度もせがまれ腕も腰も痛かった(^^;
それはいいとして。


昨日くらいから、お嫁ちゃんとmagu7☆は咳が少し出始めた
今のコ騒の中・・病院へ行きヅライ💦

めっちゃヤバイですやん😵⤵




posted by magu7☆ at 11:28| Comment(6) | こんな本読んだよ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月18日

『少女の器』 灰谷健次郎     お腹がチクチク・・



人それぞれに生まれ育つ環境が違い、
強いと思っている大人にも、もろく弱いところがあり
だけど、家族はやはり家族。
お互いを支え合っているからこそ、離れ離れになっても心の中で家族なんだな。

最後の絣の父親の様子にmagu7☆は衝撃を受けたのでした。

灰谷健次郎さんの本は10年以上前に1度読んだだけですが
やはり面白かったです。



syoujyonoutuwa.jpg




両親が離婚し、母親と二人暮らしの少女・絣。
未だに恋愛関係のもめごとが絶えない母親に対して、絣は時に大人顔負けの鋭い批評を口にする。
しかし、その言葉の裏には、人一倍傷つきやすい心が隠されているのだった……。
そんな絣のことを優しく見守る父、自らのひたむきな生き方で絣を導いてくれるボーイフレンド。
様々な人たちに囲まれて成長する絣の姿をしなやかに描き、現代の家族のありかたを探る、魅力あふれる長編作品。


magu7☆、おすすめの1冊です(*^^*)




昨日の夕方から、お腹がちょっとチクチクいうか、
振動にも響く感じがします

下腹部なんだけど、どうも腸の痛みではないような。。
子宮系か膀胱なのか・・
少し痛みが続くなら病院行きだな。

年末が近いというのに困ったこっちゃ
posted by magu7☆ at 10:45| Comment(2) | こんな本読んだよ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月11日

『裏庭』 梨木香歩   すっかり忘れてた(゚д゚)!

早いですね〜〜
今月も3分の1が終わりました。




梨木香歩さんの  【裏庭】

uraniwa.jpg

昔、英国人一家の別荘だった、今では荒れ放題の洋館。
高い塀で囲まれた洋館の庭は、近所の子供たちにとって絶好の遊び場だ。
その庭に、苦すぎる想い出があり、
塀の穴をくぐらなくなって久しい少女、照美は、ある出来事がきっかけとなって、
洋館の秘密の「裏庭」へと入りこみ、
声を聞いた――教えよう、君に、と。
少女の孤独な魂は、こうして冒険の旅に出た。少女自身に出会う旅に。

最後の解説を読むと、「ファンタジー」となっていたけれど・・・

お話の中盤は「裏庭」での出来事が描かれてましたが・・
ところどこ不気味な感じもして、読解力に乏しいmagu7☆はこれにはどういう意味があるんだ??
なんてファンタジーとは少し違う印象でした。

あーやっと読みきった。 ってのが正直なところで
ちょっとmagu7☆の好みとは違ったかも(^^;



さぁ、今日一日頑張ったら!
今週の土曜日は会社もお休みなので、連休だぜ〜♪
それに明日の土曜日は、初体験のネイルの日でもあるんだ。

11日になったな〜

って思った瞬間



あーーーー💦

また今年もすっかり忘れてました(;´Д`)

昨日は結婚記念日だったんだ⤵

でも、毎年だけど、

magu7☆もだけど、旦那さんもいつもすっかり忘れておる様子なのでお互いさまだ(笑)

もう何年目??

ま、こんなもんか
posted by magu7☆ at 12:52| Comment(4) | こんな本読んだよ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月11日

『青い約束』 田村優之  乳がん検診行ってきました!




田村優之(たむらまさゆき)さんって、初めて知った作家さんでした。


IMG_20201110_130243.jpg


アナリストとして活躍する宮本は、高校時代の親友・有賀と再会する。 

二人の友情を決定的に引き裂き、恋人・純子を永遠に奪った“あの事件”からすでに二十年以上の歳月が過ぎていた。 

必然がたぐり寄せた邂逅が、封印したはずの忌まわしい過去を甦らせ、開かずの真実の扉をこじあける。


読み終えて、これが本当の友情で親友なんだと沁みました。

magu7☆にも親友と自信を持って言える友達がいます。

これって、幸せなことだ。

親友と呼べる人に出会えたことも幸せななことだ。


昨日は乳がん検診に行ってきました。

来週が子宮がん検診です。

これで今年受ける検診の全部が終わりです。

乳がん検診の結果は郵送で送られてくるんですが

今年も何事もなく「異常なし」でありますように(*^^*)



posted by magu7☆ at 11:55| Comment(3) | こんな本読んだよ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月31日

『ターン』 北村薫    そしてまだ続く。


北村 薫さんの

【ターン】

IMG_20201031_072149.jpg


真希は29歳の版画家。夏の午後、ダンプと衝突する。
気がつくと、自宅の座椅子でまどろみから目覚める自分がいた。
3時15分。いつも通りの家、いつも通りの外。が、
この世界には真希一人のほか誰もいなかった。
そしてどんな一日を過ごしても、定刻がくると一日前の座椅子に戻ってしまう。
ターン。
いつかは帰れるの? それともこのまま……だが、150日を過ぎた午後、突然、電話が鳴った。


読み始めたときは何だこりゃ?
どういうこっちゃ?
なんて少し退屈したこともあったけれど、読み進むうちに
おぉ!面白くなってきたぞー‼
そして寝ながら読書が待ち遠しくなって、お布団に入るのが楽しみになってました(*^^*)



ソラのお腹具合ですが、食欲も出て便も普通に戻って
昨日はもうすっかり良くなったと思って喜んでました。
で、magu7☆も油断してました
食事はしっかり食べてもらい、
しばらくおやつの類だけは控えてました。
消化に良いものだけにして、お腹を休めなくちゃ。
と効果が出て良くなっていたのに・・
昨日、少しだけなら。。とあげたら
また今朝方になってお腹を壊してて💦
明日までに治らなかったら、病院へ連れて行かなくちゃ。
経過観察はまだ続く・・


こんなときだけど
この間のお祝い第2部の予約を今夜に取り直しているんですよね。
もう少し先でもいいか、と思っていたけど
お嫁ちゃんが行く気満々で(^^`
もうなんのお祝いかわからなくなってますが
そんな習慣はないけれど、ハロウィンだしまぁいいか。
第2部もまだ続く。


それにしても急に寒くなって、昨夜は毛布も出しました。
冬がくるぞ〜





posted by magu7☆ at 10:54| Comment(2) | こんな本読んだよ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月25日

『カラスの親指』 道尾秀介    スマホの買い替え

221冊目のご紹介は

道尾秀介さんの  【カラスの親指】

IMG_20200924_104946.jpg



人生に敗れ、詐欺を生業として生きる中年二人組。
ある日、彼らの生活に一人の少女が舞い込む。
やがて同居人は増え、5人と1匹に。
「他人同士」の奇妙な生活が始まったが、残酷な過去は彼らを離さない。
各々の人生を懸け、彼らが企てた大計画とは? 
息もつかせぬ驚愕の逆転劇、そして感動の結末。




これは読んでいて面白くて、最後は布団の中で眠くなるどころか
続きが読みたくて、だんだん目が冴えて、ついついいつもよりより眠るのが遅くなるくらいでしたヽ(^。^)ノ





1週間ほど前からスマホの調子が時々おかしくなって
反応がとても遅かったり、固まったり、スマホ自体が熱くなったりなので
ちょうど使い始めて2年なので、寿命なのか?
今はなんとかまだ頑張ってくれているのでなんとか持ちこたえてます
壊れてからでは困るので、機種変更することにしました。
でも、ショップに行くと時間が長くかかるし疲れるし・・
なので、携帯会社のオンラインストアで機種を注文しました。
事務手数料の3000円もかからないし

あとはデータ移行が自分でちゃんとできるかどうかが問題なのだ(^^;





posted by magu7☆ at 11:45| Comment(4) | こんな本読んだよ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月05日

『ナイフ』 重松清



【ナイフ】 重松清

この間読んだ「きみの友達」が心に残っていて、もう1度読んでみたくなりました。




naihu.jpg




「悪いんだけど、死んでくれない?」ある日突然、クラスメイト全員が敵になる。

僕たちの世界は、かくも脆いものなのか! ミキはワニがいるはずの池を、ぼんやりと眺めた。

ダイスケは辛さのあまり、教室で吐いた。

子供を守れない不甲斐なさに、父はナイフをぎゅっと握りしめた。

失われた小さな幸福はきっと取り戻せる。

その闘いは、決して甘くはないけれど。



タイトルやあらすじは重たく暗い感じがするのですが
読んでみると、悲しさ切なさのあとに、どこか優しさと希望が残る本でした。
この本の最後に、重松清さんの大切な相棒(親友とはまた違う)であったお友達とのお話を話されていて
この相棒さんとのこともベースになっていたんだと思いました。

またお勧めの1冊です(#^^#)


今日は今週最後のお仕事です。

台風に備えての旦那さんの準備はほぼバッチリ(^^)v
ですが、進路予想図を見てみると昨日より少しmagu7☆地方は逸れているようです。
油断はできないですね!
月曜日に1番magu7☆地方に影響があるみたいですが
何事もなく、被害もなく、

旦那さんの準備がムダになることを願います


posted by magu7☆ at 10:57| Comment(3) | こんな本読んだよ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月28日

『星間商事株式会社社史編纂室』 三浦しをん

残暑は続くよどこまでも〜💦

昨日と同じく、本日の35度の予報ですι(´Д`υ)アツィー

熱中症に注意しながら、今日も無事に過ごしましょう!







『星間商事株式会社社史編纂室 』   




まだ三浦しをんさんの本は2冊しか読んでいないので、また他の小説も読んでみたいです(^^)/


IMG_20200821_120837.jpg


川田幸代29歳は社史編纂室勤務。

姿が見えない幽霊部長、遅刻常習犯の本間課長、

ダイナマイトボディの後輩みっこちゃん、

「ヤリチン先輩」矢田がそのメンバー。

ゆるゆるの職場でそれなりに働き、幸代は仲間と趣味(同人誌製作・販売)に没頭するはずだった。

しかし、彼らは社の秘密に気づいてしまった。

仕事が風雲急を告げる一方、友情も恋愛も五里霧中に。決断の時が迫る。


あいかわらずまだ足に痛みは残るけれど
前のように夜中に目が覚める回数も減って、歩くにはそれほど困らないのが救いです^^;
無理したら去年のように歩けなくなるのがわかっているので、
用心&用心だ。

今月は決算月なので、今月で〆たら
実際に忙しいのは来月なので、ここでへこたれないようにしよーーーっとヽ(^。^)ノ
posted by magu7☆ at 11:29| Comment(3) | こんな本読んだよ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月07日

【青年】  森 鴎外  それにしてもアツイわぁ〜〜(;'∀')

やーーーーーっと読み終わりました〜〜ヽ(^。^)ノ


布団で寝る前読書は、読み始めたらすぐに睡魔との勝負なんですが

今回は他にも敵がいました!

218冊目のご紹介は〜( ^)o(^ )


『青年』 森鴎外さんです。

『青年』(せいねん)は、森鷗外の長編小説。1910年3月から翌年8月まで「スバル」に連載されていたそうです。



そう100年以上も前に書かれた森鴎外の書き方、詞の読み方書き方も

magu7☆には古典の世界だったので、よくよくよーく読まないといけない。


IMG_20200806_152125.jpg


たまには現代小説を離れて読んでみるのも新鮮かも(*^^*)


作家を志して上京した青年小泉純一は、有名な作家を訪ねたり、

医科大学生大村に啓発されたりして日々を過す一方、

劇場で知りあった謎の目をもつ坂井未亡人とも交渉を重ねる。

しかし、夫人を追ってきた箱根で、夫人が美しい肉の塊にすぎないと感じた時純一は、

今こそ何か書けそうな気がしてくるのだった。――

青春の事件を通して、一人の青年の内面の成長過程を追求した長編。





連日、めちゃ暑い日々が続いておりますが

皆さん、体調は大丈夫ですか


毎日30度は超えているんですが


それも一昨日は34度💦

    
昨日は36度


今日も35度です

夕方になっても、夜になっても涼しくならず

毎晩、 熱帯夜続きです〜。

ソラの早朝散歩は5時半から6時過ぎに行くと。まだ大丈夫なんだけど

夕方はソラも大変です。

昨日から保冷剤を入れるポケットが付いた首に巻くタオルをして散歩に行きました。
ほら、ケーキなどを買うといただけるあの小さい保冷剤が4個くらい
筒状になったタオルに入れて、端にはマジックテープがついてます。


IMG_20200806_163244.jpg

ちょっとムチ打ちした時のギブスみたいですが

ソラはいつもより歩けました。

少しは暑さ対策になっているかも


posted by magu7☆ at 14:37| Comment(4) | こんな本読んだよ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

『きみの友だち』 重松 清    また豪雨被害

この本。
これはおすすめの1冊です!

読んでいる間、この本の著者の重松清さんは
どうやって、この子たちの心理を読み解いて知り得たのか不思議でたまらなかったです。
男性には到底理解ができないと思っていた心理や気持ち、言動の細々した部分まで
うんうん、と首を縦に振る場面が多くて。

でも、これは今の子供たちや大人にもぜひ読んでほしいと思える
magu7☆の心に響いた1冊でした。







IMG_20200702_083556.jpg



わたしは「みんな」を信じない、だからあんたと一緒にいる――。

足の不自由な恵美ちゃんと病気がちな由香ちゃんは、

ある事件がきっかけでクラスのだれとも付き合わなくなった。

学校の人気者、ブンちゃんは、デキる転校生、モトくんのことが何となく面白くない……。

優等生にひねた奴。弱虫に八方美人。

それぞれの物語がちりばめられた、「友だち」のほんとうの意味をさがす連作長編。


昨日からの大雨で熊本、鹿児島で大変なことに。。
球磨川が氾濫して心肺停止で見つかった方や、行方不明の方・・
家屋倒壊や浸水・土砂崩れなど・・

ちょうどmagu7☆地方でも一昨年に大きな水災害がありました。
たくさんの犠牲者も出ました。

どうか同じように悲しむ人が出ませんように・・


posted by magu7☆ at 13:52| Comment(3) | こんな本読んだよ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月12日

『水底から君を呼ぶ』  大石 圭  食欲旺盛(^^;


何気なく手に取った1冊。

予想外に読み始めたら進んでしまった。

初めての大石圭さんの本でした。

【水底から君を呼ぶ】

IMG_20200604_130855.jpg


真夜中のプールに忍び込み戯れる4人の美女。
ふと気づくと、1人が忽然と姿を消していた!水面に浮かぶ大輪の白い花…。
そして、残りの3人にも何者かの魔手が忍び寄る。
2人目はニューカレドニアの海でダイビング中に消えて―。
新妻を喪った男が知った、女たちが共有する冥く忌まわしい秘密とは?
人の心の奥底に巣くう深い闇と切ない愛を描く、戦慄の物語。

ホラー小説なんですが、ホラーを通り越して
とても悲しい愛のお話だと思いました。
そして、今も後を絶たない虐待で大きな傷を残し
不幸を背負わされる子供、人たち。




今日もムシムシと暑いです(;´・ω・)
梅雨だし・・当分はムシ暑い毎日だろうな〜

衰えるのは体力、気力
そして衰えないのは食欲〜
最近、ちょっとこれはヤバイと感じるのです(^^+
なので、ちょっとお手軽腹筋運動やらストレッチなんかを
気休めに始めてます(´▽`*)




posted by magu7☆ at 14:14| Comment(6) | こんな本読んだよ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月23日

『天国で君に逢えたら』 飯島直樹  ☆ソファーの買い替え☆

本のご紹介です(*^^*)


初登場! 飯島直樹さんの

【天国で君に逢えたら】

ガン患者の心の叫びを代筆する“手紙屋"を病院内に開業した精神科医・純一。
彼の元には嘘つきな陸サーファー、放蕩を尽くした眼科医、
失職しそうな元ヤンキー板前など、ひと癖もふた癖もある面々が依頼に訪れる。
そんなある日、家族のもとで最期を迎えようとハワイに帰った患者の妻から手紙が届いた……。
末期ガンに襲われた世界的ウィンドサーファーが綴る、奇跡のような愛の物語。


tenngoku.jpg


ガンを宣告された飯島さんが、一度は目標を見失いうつ病を発症してしまい・・

でも家族に支えられながら自分の目標を見つけ出し、気持ちと自分自身を立て直し

書き上げた最初で最後の1冊。

ガン患者の気持ちと目線になりながらも、ユーモラスに爽やかに書き上げたこの本を読んで

どうしてその状況で痛みと戦いながら

これだけ人の気持ちを前向きに捉え、まわりの人たちの優しさと温かさを表現して

力強く、希望を感じさせることができる文章が書けたのか・・

この本を書き上げてわずかな後、天国へ召されました。

まだ30代、有名なプロサーファーでまだまだやりたいことがあったでしょう、、

小さな子供さん、優しい奥様を残して、心残りもたくさんあったでしょう。

magu7☆には到底無理です。。弱虫すぎて。。。

この本を書き上げて、穏やかな旅立ちだったそうです。



明日は旦那さんと家具屋さんをハシゴする予定ですヽ(^。^)ノ

リビングのソファーセットを買い替えようかと。

もうずいぶん長く使っていて、スプリングもくたびれて

座っていたら腰が痛くなってきました(^^💦💦

はい、特別給付金を使って経済貢献もしなくちゃ!

なんて(笑)  
posted by magu7☆ at 10:41| Comment(3) | こんな本読んだよ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月16日

『眠りの森』 東野圭吾   K−ちゃんと息子の悲劇


本のご紹介です(^^♪






【眠りの森】  東野圭吾さんの本です。


IMG_20200510_112640.jpg

青年刑事が追う踊り子の美しくも哀しい秘事華麗な舞を舞うバレエ団のプリマが

正当防衛とはいえ、レッスン場に忍び込んだ男を殺害してしまった。

捜査に当った青年刑事は次第にあるバレリーナに魅かれていく。

まぁまぁ面白く読めました(^^♪


連休中の惨劇はmagu7☆だけでなくて、K−ちゃんと息子にも


カーテンに隠れたり、体に巻き付けて遊んでいたK−ちゃんが
バランスを崩して転んで、テレビボードに顔をぶつけてしまいました💦

鼻の下を少し切ったんですが
息子は血が出たK−ちゃんの顔を見てプチパニックになっとりました。
旦那さんもmagu7☆も

「これくらいなら大丈夫よ。痕も残らないはず。」となだめたんですが

女の子だし、顔のキズとなると息子は大慌てでした(#^.^#)
まぁ、気持ちはわからなくもないけどね。

それでも心配で仕方ない息子は仕事中のお嫁ちゃんに電話して相談したようです。

「カットバンでも貼ったら大丈夫なんじゃない?」ってお嫁ちゃん(* ´艸`)クスクス

仕事から帰ってきたお嫁ちゃんがK−ちゃんのキズを見て

「なんだ、これくらいかぁ。」だって。

しばらく、家族中から息子のパニックをネタに笑われてました。

笑い話になるくらいでよかったです。

目が離せない年頃なので、大けがしたら大変ですもんね!
posted by magu7☆ at 11:37| Comment(5) | こんな本読んだよ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月20日

『鳩笛草』 宮部みゆき   まさか!(*_*;!と保育園の自粛要請 (;´Д`)

この間のヒョウかアラレの突然の襲撃を受けたmagu7☆の車のフロントガラスですが
ガラスの交換やリペアをする必要まではないけれど、傷が入りました〜

昨夜から朝方までよく振りました

が,

雨も上がり、今日は晴れるようです

よかった〜それを信じて洗濯物をバルコニーに干してきたから(^^♪


さーて、読み終えた本のご紹介は214冊目です。

宮部みゆきさんの

『鳩笛草』


IMG_20200419_131133.jpg



亡き両親が残したビデオを見た智子は、かつて自分に特殊な力があったことを知る(「朽ちてゆくまで」)。


わたしは凶器になれる―。

念じただけで人や物を発火させる能力を持つ淳子は、妹を惨殺された過去を持つ男に、報復の協力を申し出る(「燔祭」)。


他人の心が読める刑事・貴子は、試練に直面し、刑事としての自分の資質を疑ってゆく(「鳩笛草」)。超能力を持つ三人の女性をめぐる三つの物語。

やっぱり宮部みゆきさんの本は面白い^^

病院などの長い待ち時間でも、この本のおかげで「あっという間!」でした(^^♪

ところで金曜日に😠💥


続きがあるよ☆
posted by magu7☆ at 11:53| Comment(4) | こんな本読んだよ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月26日

「あなたもスマホに殺される」(志駕 晃) 息子の一大事!

213冊目の本のご紹介です(^^)


初登場の志駕 晃さんの本で、


【あなたもスマホに殺される】

IMG_20200319_092913.jpg

中学教師・鈴木のスマホに、ある日「自殺相談室」という怪しいSNSから招待が届いた。

自殺志願者の匿名の相談に、4択から1つ意見を選び答えていく中で、

鈴木は他人の人生を覗き見るような感覚の虜になっていく。

しかし、担当クラスの女子生徒・雨宮を招待して以降、いつのまにか「自殺相談室」が学校中に蔓延し、

ついには新人教師の山本が自殺してしまい……。

あなたも他人事ではいられない、、、、、

ずっと前に志駕晃さんの「スマホを落としただけなのに」を見かけて
読みたくて、いつか読もう!と思っていたのに、
それを飛んで、この本を読んでしまいました。

怖いですね〜〜〜
便利なスマホだけど、気がついたらとんでもない世界が待ってるなんて(゚д゚)!

SNSの時代ならではのミステリーでした。


昨日のことですが〜



続きがあるよ☆
posted by magu7☆ at 12:31| Comment(3) | こんな本読んだよ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする