2020年07月04日

『きみの友だち』 重松 清    また豪雨被害

この本。
これはおすすめの1冊です!

読んでいる間、この本の著者の重松清さんは
どうやって、この子たちの心理を読み解いて知り得たのか不思議でたまらなかったです。
男性には到底理解ができないと思っていた心理や気持ち、言動の細々した部分まで
うんうん、と首を縦に振る場面が多くて。

でも、これは今の子供たちや大人にもぜひ読んでほしいと思える
magu7☆の心に響いた1冊でした。







IMG_20200702_083556.jpg



わたしは「みんな」を信じない、だからあんたと一緒にいる――。

足の不自由な恵美ちゃんと病気がちな由香ちゃんは、

ある事件がきっかけでクラスのだれとも付き合わなくなった。

学校の人気者、ブンちゃんは、デキる転校生、モトくんのことが何となく面白くない……。

優等生にひねた奴。弱虫に八方美人。

それぞれの物語がちりばめられた、「友だち」のほんとうの意味をさがす連作長編。


昨日からの大雨で熊本、鹿児島で大変なことに。。
球磨川が氾濫して心肺停止で見つかった方や、行方不明の方・・
家屋倒壊や浸水・土砂崩れなど・・

ちょうどmagu7☆地方でも一昨年に大きな水災害がありました。
たくさんの犠牲者も出ました。

どうか同じように悲しむ人が出ませんように・・


posted by magu7☆ at 13:52| Comment(3) | こんな本読んだよ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月12日

『水底から君を呼ぶ』  大石 圭  食欲旺盛(^^;


何気なく手に取った1冊。

予想外に読み始めたら進んでしまった。

初めての大石圭さんの本でした。

【水底から君を呼ぶ】

IMG_20200604_130855.jpg


真夜中のプールに忍び込み戯れる4人の美女。
ふと気づくと、1人が忽然と姿を消していた!水面に浮かぶ大輪の白い花…。
そして、残りの3人にも何者かの魔手が忍び寄る。
2人目はニューカレドニアの海でダイビング中に消えて―。
新妻を喪った男が知った、女たちが共有する冥く忌まわしい秘密とは?
人の心の奥底に巣くう深い闇と切ない愛を描く、戦慄の物語。

ホラー小説なんですが、ホラーを通り越して
とても悲しい愛のお話だと思いました。
そして、今も後を絶たない虐待で大きな傷を残し
不幸を背負わされる子供、人たち。




今日もムシムシと暑いです(;´・ω・)
梅雨だし・・当分はムシ暑い毎日だろうな〜

衰えるのは体力、気力
そして衰えないのは食欲〜
最近、ちょっとこれはヤバイと感じるのです(^^+
なので、ちょっとお手軽腹筋運動やらストレッチなんかを
気休めに始めてます(´▽`*)




posted by magu7☆ at 14:14| Comment(6) | こんな本読んだよ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月23日

『天国で君に逢えたら』 飯島直樹  ☆ソファーの買い替え☆

本のご紹介です(*^^*)


初登場! 飯島直樹さんの

【天国で君に逢えたら】

ガン患者の心の叫びを代筆する“手紙屋"を病院内に開業した精神科医・純一。
彼の元には嘘つきな陸サーファー、放蕩を尽くした眼科医、
失職しそうな元ヤンキー板前など、ひと癖もふた癖もある面々が依頼に訪れる。
そんなある日、家族のもとで最期を迎えようとハワイに帰った患者の妻から手紙が届いた……。
末期ガンに襲われた世界的ウィンドサーファーが綴る、奇跡のような愛の物語。


tenngoku.jpg


ガンを宣告された飯島さんが、一度は目標を見失いうつ病を発症してしまい・・

でも家族に支えられながら自分の目標を見つけ出し、気持ちと自分自身を立て直し

書き上げた最初で最後の1冊。

ガン患者の気持ちと目線になりながらも、ユーモラスに爽やかに書き上げたこの本を読んで

どうしてその状況で痛みと戦いながら

これだけ人の気持ちを前向きに捉え、まわりの人たちの優しさと温かさを表現して

力強く、希望を感じさせることができる文章が書けたのか・・

この本を書き上げてわずかな後、天国へ召されました。

まだ30代、有名なプロサーファーでまだまだやりたいことがあったでしょう、、

小さな子供さん、優しい奥様を残して、心残りもたくさんあったでしょう。

magu7☆には到底無理です。。弱虫すぎて。。。

この本を書き上げて、穏やかな旅立ちだったそうです。



明日は旦那さんと家具屋さんをハシゴする予定ですヽ(^。^)ノ

リビングのソファーセットを買い替えようかと。

もうずいぶん長く使っていて、スプリングもくたびれて

座っていたら腰が痛くなってきました(^^💦💦

はい、特別給付金を使って経済貢献もしなくちゃ!

なんて(笑)  
posted by magu7☆ at 10:41| Comment(3) | こんな本読んだよ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月16日

『眠りの森』 東野圭吾   K−ちゃんと息子の悲劇


本のご紹介です(^^♪






【眠りの森】  東野圭吾さんの本です。


IMG_20200510_112640.jpg

青年刑事が追う踊り子の美しくも哀しい秘事華麗な舞を舞うバレエ団のプリマが

正当防衛とはいえ、レッスン場に忍び込んだ男を殺害してしまった。

捜査に当った青年刑事は次第にあるバレリーナに魅かれていく。

まぁまぁ面白く読めました(^^♪


連休中の惨劇はmagu7☆だけでなくて、K−ちゃんと息子にも


カーテンに隠れたり、体に巻き付けて遊んでいたK−ちゃんが
バランスを崩して転んで、テレビボードに顔をぶつけてしまいました💦

鼻の下を少し切ったんですが
息子は血が出たK−ちゃんの顔を見てプチパニックになっとりました。
旦那さんもmagu7☆も

「これくらいなら大丈夫よ。痕も残らないはず。」となだめたんですが

女の子だし、顔のキズとなると息子は大慌てでした(#^.^#)
まぁ、気持ちはわからなくもないけどね。

それでも心配で仕方ない息子は仕事中のお嫁ちゃんに電話して相談したようです。

「カットバンでも貼ったら大丈夫なんじゃない?」ってお嫁ちゃん(* ´艸`)クスクス

仕事から帰ってきたお嫁ちゃんがK−ちゃんのキズを見て

「なんだ、これくらいかぁ。」だって。

しばらく、家族中から息子のパニックをネタに笑われてました。

笑い話になるくらいでよかったです。

目が離せない年頃なので、大けがしたら大変ですもんね!
posted by magu7☆ at 11:37| Comment(5) | こんな本読んだよ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月20日

『鳩笛草』 宮部みゆき   まさか!(*_*;!と保育園の自粛要請 (;´Д`)

この間のヒョウかアラレの突然の襲撃を受けたmagu7☆の車のフロントガラスですが
ガラスの交換やリペアをする必要まではないけれど、傷が入りました〜

昨夜から朝方までよく振りました

が,

雨も上がり、今日は晴れるようです

よかった〜それを信じて洗濯物をバルコニーに干してきたから(^^♪


さーて、読み終えた本のご紹介は214冊目です。

宮部みゆきさんの

『鳩笛草』


IMG_20200419_131133.jpg



亡き両親が残したビデオを見た智子は、かつて自分に特殊な力があったことを知る(「朽ちてゆくまで」)。


わたしは凶器になれる―。

念じただけで人や物を発火させる能力を持つ淳子は、妹を惨殺された過去を持つ男に、報復の協力を申し出る(「燔祭」)。


他人の心が読める刑事・貴子は、試練に直面し、刑事としての自分の資質を疑ってゆく(「鳩笛草」)。超能力を持つ三人の女性をめぐる三つの物語。

やっぱり宮部みゆきさんの本は面白い^^

病院などの長い待ち時間でも、この本のおかげで「あっという間!」でした(^^♪

ところで金曜日に😠💥


続きがあるよ☆
posted by magu7☆ at 11:53| Comment(4) | こんな本読んだよ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月26日

「あなたもスマホに殺される」(志駕 晃) 息子の一大事!

213冊目の本のご紹介です(^^)


初登場の志駕 晃さんの本で、


【あなたもスマホに殺される】

IMG_20200319_092913.jpg

中学教師・鈴木のスマホに、ある日「自殺相談室」という怪しいSNSから招待が届いた。

自殺志願者の匿名の相談に、4択から1つ意見を選び答えていく中で、

鈴木は他人の人生を覗き見るような感覚の虜になっていく。

しかし、担当クラスの女子生徒・雨宮を招待して以降、いつのまにか「自殺相談室」が学校中に蔓延し、

ついには新人教師の山本が自殺してしまい……。

あなたも他人事ではいられない、、、、、

ずっと前に志駕晃さんの「スマホを落としただけなのに」を見かけて
読みたくて、いつか読もう!と思っていたのに、
それを飛んで、この本を読んでしまいました。

怖いですね〜〜〜
便利なスマホだけど、気がついたらとんでもない世界が待ってるなんて(゚д゚)!

SNSの時代ならではのミステリーでした。


昨日のことですが〜



続きがあるよ☆
posted by magu7☆ at 12:31| Comment(3) | こんな本読んだよ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月06日

『刺繍をする少女』小川糸   昨日は真冬の寒さ(>_<)



【刺繍をする少女】

IMG_20200306_084456.jpg

刺繍する少女
森の奥で燃えるもの
美少女コンテスト
ケーキのかけら
図鑑
アリア
キリンの解剖
ハウス・クリーニングの世界
トランジット
第三火曜日の発作

全 10編

寄生虫図鑑を前に、捨てたドレスの中に、ホスピスの一室に、もう一人の私が立っている――。

記憶の奥深くにささった小さな棘から始まる、震えるほどに美しい愛の物語。


母がいるホスピスで僕は子供の頃高原で遊んだ少女に再会、

彼女は虫を一匹一匹つぶすように刺繍をしていた―。


喘息患者の私は第三火曜日に見知らぬ男に抱かれ、発作が起きる―。

宿主を見つけたら目玉を捨ててしまう寄生虫のように生きようとする女―。


死、狂気、奇異が棲みついた美しくも恐ろしい十の「残酷物語」。


イメージが違っていて、ちょっとビックリでした


ほんわかするようなゆったり感のある小説だったので

こんな作風の小説もあるんだな。って再発見でした👀

でも、直接的ではなくて、にんわりと不思議感が漂う小説でした。



昨日は寒かった〜〜〜
風は強いし、気温は低いし、冬に逆戻りしたようでした。
自宅付近は晴れてはいるけれど、とにかく外に出ると風の冷たさが身にしみました。
会社では一時、粉雪もまいました
近くの公園や遊歩道では河津桜や梅がたくさん咲いていて、
ソメイヨシノのサクラのツボミも色がついて膨らんできているので
春が近いことは間違いないんだけどね(*^^*)

posted by magu7☆ at 12:42| Comment(2) | こんな本読んだよ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月28日

『白ゆき姫殺人事件』 湊かなえ  マスク姿が増えました!

少し前に読み終えていた


湊かなえさんの  【白ゆき姫殺人事件】

IMG_20200227_162203.jpg


美人会社員が惨殺された不可解な殺人事件を巡り、 一人の女に疑惑の目が集まった。
同僚、同級生、家族、 故郷の人々。疑惑の女の関係者たちがそれぞれ証言した 驚くべき内容とは。
ネットや週刊誌報道を中心に、無責任な「噂話」が 広まり、彼女の人物像はますます見えなくなっていく。
果たして彼女は残忍な魔女なのか、それとも――。



昨夜、晩ご飯を食べていたらニュースで
全国の小中高の学校で休校と・・なんて聞いて
少しびっくりもしたんですが
コロナウィルスの感染拡大を阻止しようといろんなイベントや企画や
スポーツも中止になって。

ウィルスは目に見えないし、やっぱり不安になりますよね💦⤵

今朝、車で通勤途中にすれ違う車の運転されている方のマスク姿がとても増えたようです。
会社の用で銀行に行っても待合の人たちもほとんどマスクをされてました。
もちろん、magu7☆もマスクしました。
予防もあるけれど、人に不安を与えるのもちょっとね
とにかく早く終息して、感染して入院されている方にも回復して元気になっていただきたいです。
なんだか落ち着かない毎日になっていますね(/ω\)
posted by magu7☆ at 12:08| Comment(3) | こんな本読んだよ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月24日

『その日の前に』 重松清   もう遠い世界ではなくて。


【その日の前に】   重松 清

IMG_20200116_142610.jpg




僕たちは「その日」に向かって生きてきた−。

昨日までの、そして、明日からも続くはずの毎日を不意に断ち切る家族の死。

消えゆく命を前にして、いったい何ができるのだろうか…。死にゆく妻を静かに見送る父と子らを中心に、

それぞれのなかにある生と死、そして日常のなかにある幸せの意味を見つめる連作短編集。



[収録作品]


ひこうき雲

朝日のあたる家

潮騒

ヒア・カムズ・ザ・サン

その日のまえに

その日

その日のあとで


📖📖📖📖📖📖📖📖📖📖


この本は1月の最初の方から読み始めていました。

当たり前のこととしてわかっていたんですが、
命あるもの、いつかは尽きる。
でも現実のことから少し遠い、離れたところにあったかも。
今までたくさんのお別れをしてきて、そのたびに同じことを思い、同じこと考えてきたはず。

先日も職場の先輩、小さな命とのお別れがありました。

そしていつかmagu7☆だって。

「その日」は突然やってくるかもしれないし
「その日」はじわじわとやってくるかもしれない。

magu7☆は「その日のまえ」に

どんなことを思い、どんな言葉を残し、どんな気持ちを伝えれるだろう。

もうずっとずっと遠いことではない「その日」

posted by magu7☆ at 14:00| Comment(5) | こんな本読んだよ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月18日

【禁断の魔術】 東野圭吾  ☆またいつか会えるといいな☆

もう少し前に読み終えていたんですが(^^`


東野圭吾さんの

IMG_20200105_095026.jpg

【禁断の魔術】


姉を見殺しにされ天涯孤独となった青年。
愛弟子の企てに気づいたとき、湯川がとった驚愕の行動とは。!
かつて湯川が指導した、高校の物理クラブの後輩・古芝伸吾が帝都大に入学してきた。
だが彼は早々に大学を中退してしまい、その影には彼の姉の死が絡んでいたらしい。
その頃、フリージャーナリストが殺された。その男は代議士の大賀を執拗に追っており、
大賀の番記者が伸吾の死んだ姉であったことが判明した。
草薙は伸吾の姉の死に大賀が関与しており、伸吾が大賀への復讐を企んでいると警戒する。
湯川はその可能性を否定しつつも、伸吾が製作したある“装置"の存在に気づいていた。
「私は君にそんなことをさせたくて科学を教えたんじゃない」――湯川と愛弟子の対決の結果は!?




残念なお知らせですが・・
続きがあるよ☆
posted by magu7☆ at 13:12| Comment(2) | こんな本読んだよ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月21日

『R・P・G』 宮部みゆき  また風邪かぁ( ;∀;)?


宮部みゆきさんの

【R・P・G】


RPG.jpg




建築中の一軒家の中で殺人事件が発生、所田良介が刺殺された。
捜査が進むにつれ、所田がネット上で「お父さん」を名乗り、家族ごっこをしていた痕跡がみつかる。
武上らはある結論を導き出し、ある“計画”を実行することを決意する。
所田の娘・一美がマジックミラー越しに見守る中、「カズミ」「ミノル」「お母さん」の取調べが始まる。
犯人は誰なのか、そして“計画”とは…。

「RPG」ってなんのこっちゃ??

また
と思って調べたら、ロールプレイングってことなんですね。
若い方ならきっと当たり前に知っているんだろうな〜
なんてあらためてmagu7☆のオバサン化を感じたのです(笑)

土曜日の今日は仕事です。
この後、納車に行って帰ってきたら事務所でぼちぼち頑張ろ
2日ほど前から少し夜中に咳が出て、
今日は朝から咳が何度か出ております⤵
また風邪かぁ〜〜〜〜〜
と言いつつも食欲は落ちませんヽ(^。^)ノ




posted by magu7☆ at 10:26| Comment(4) | こんな本読んだよ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

『望郷』 湊かなえ   長男の誕生日☆

今回、読み終えた本のご紹介です。


【望郷】

湊かなえさんの本は10冊目になりました。


boukyou.jpg


日本推理作家協会賞受賞! 心に刺さる連作短編集


都会から離れた島に生まれ、育った人々。

島を憎み、愛し、島を離れ、でも心は島にひきずられたまま――

日本推理作家協会賞受賞作を収録。


閉ざされた“世界”を舞台に、複雑な心模様を鮮やかに描く湊さんの連作短編(全六編)。


収録作「海の星」が日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞、選考委員の北村薫氏は、

「鮮やかな逆転がありながら、小説の効果のための意外性のため無理に組み立てられた物語ではない。筋の運びを支える魚料理などの扱いもいい。(中略)――ほとんど名人の技である」と絶賛。


自身も“島”で生きてきた湊さんが「自分にしか書けない物語を書いた」と言い切る会心作。島に生まれ育った私たちが抱える故郷への愛と憎しみ…屈折した心が生む六つの事件。推協賞短編部門受賞作「海の星」ほか傑作全六編。



文芸春秋BOOKSより


今日で11月も終わりですね。
早いもんだな〜
明日からはとうとう12月に。
11月の終わりに誕生日を迎えた長男に気持ちばかりのプレゼントを送っていました。
長男から、すぐに「ありがとう!」の連絡があって喜んでくれたみたいでよかった(*^^*)
またお正月には帰ってくる長男ですが、元気で頑張っているみたい。
もういいお歳になったけれど・・・
娘と同じく、全く結婚する気がない(^^+
ま、元気で楽しくやっているみたいだからいいかぁ〜
こればかりは本人が決めることなので仕方ない!
と思うようにしてる母。
結婚観も今は昔と変わっているのかもですね


posted by magu7☆ at 11:41| Comment(3) | こんな本読んだよ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月22日

『夜行』  森見 登美彦     今日は寒い〜〜〜””

初登場〜〜
森見登美彦さんの本を初めて読みました!



【夜行】 森見登美彦

IMG_20191117_123948.jpg

僕らは誰も彼女のことを忘れられなかった。長谷川さんが姿を消した夜から10年。
僕ら5人の仲間は、鞍馬の火祭りの日に再会した。「夜行」とは何か。彼女と再会できるのか。

私たち六人は、京都で学生時代を過ごした仲間だった。
十年前、鞍馬の火祭りを訪れた私たちの前から、長谷川さんは突然姿を消した。
十年ぶりに鞍馬に集まったのは、おそらく皆、もう一度彼女に会いたかったからだ。
夜が更けるなか、それぞれが旅先で出会った不思議な体験を語り出す。
私たちは全員、岸田道生という画家が描いた「夜行」という絵と出会っていた。
「夜はどこにでも通じているの。世界はつねに夜なのよ」


うーん、なんともミステリーな本でした。
異次元の世界だと思っていた場所が、実は普通の世界で
自分がいる場所が異次元空間だったと。。


今朝は寒かった〜
それに日中も寒い。
冷えてます
北日本ではマークがついてて
magu7☆地方も今にも降りそうな雲覆われて、日差しがないので寒い〜〜
いつもの土曜日はほとんど仕事だけど
明日の土曜日は祝日なので連休だ〜〜


posted by magu7☆ at 13:25| Comment(3) | こんな本読んだよ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月06日

『魔術はささやく』 宮部みゆき  晴天なり〜〜♪ 

今朝は寒かった〜〜〜
これからどんどん寒くなっていくんだなぁ。。

さてさて♪


 宮部みゆきさんの    【魔術はささやく】

majyutu sasayaku.jpg



それぞれは社会面のありふれた記事だった。

一人めはマンションの屋上から飛び降りた。

二人めは地下鉄に飛び込んだ。そして三人めはタクシーの前に。

何人たりとも相互の関連など想像し得べくもなく仕組まれた三つの死。

さらに魔の手は四人めに伸びていた……。

だが、逮捕されたタクシー運転手の甥、守は知らず知らず事件の真相に迫っていたのだった。


宮部みゆきさんの本は面白いのはわかっているんだけど

今まで読んだ宮部みゆきさんの本の中では1番面白くて、寝る前の布団の中読書では
いつも睡魔に襲われるのに、この本だけはついつい読み進みたくて気がつけば遅くなっていたって感じでした(^^+


今朝は冷え込んだのに、日中はポカポカ陽気
朝と日中では14度くらい気温差があるので、こりゃたまらん💦


posted by magu7☆ at 13:33| Comment(5) | こんな本読んだよ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月18日

『母性』 湊かなえ  美容院へ行ってリラックス♪

朝晩が冷え込むようになってきましたね。

皆さん、風邪には気をつけてくださいね!

唯一、元気印だった旦那さんもとうとう風邪を引いてしまい

昨日、病院へ行ってました。

K-ちゃんから始まった風邪はこれで家族全員に感染しました(^^;

❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤




【母性】

IMG_20191012_104010.jpg

女子高校生が自宅の中庭で倒れているのが発見された。
母親は言葉を詰まらせる。
「愛能限り、大切に育ててきた娘がこんなことになるなんて・・」
これは事故か自殺か・・
世間は騒ぐ。
遡ること11年前の台風の日・・
彼女たちを包んだ幸福は、突如、奪いさられていた。
母の手記と娘の回想が交錯し、浮かび上がる真相。
これは事故か・・それとも・・・



昨日は美容院でヘアカラーをしてもらってきました💓

なんて言っても早い話が白髪染め(笑)

この美容院のひとりの美容師さんがとてもシャンプーが上手で超気持ちいいんです🎶

シャンプーの途中で睡魔がやってきます💤

ほんといい気持で、最近はこの美容師が担当になると「ラッキー」なんて思います。

でも・・

指名はようしないんですよね⤵

他の美容師さんに悪くて(^^;





posted by magu7☆ at 12:36| Comment(3) | こんな本読んだよ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする