2020年03月06日

『刺繍をする少女』小川糸   昨日は真冬の寒さ(>_<)

【刺繍をする少女】
IMG_20200306_084456.jpg
刺繍する少女
森の奥で燃えるもの
美少女コンテスト
ケーキのかけら
図鑑
アリア
キリンの解剖
ハウス・クリーニングの世界
トランジット
第三火曜日の発作
全 10編
寄生虫図鑑を前に、捨てたドレスの中に、ホスピスの一室に、もう一人の私が立っている――。
記憶の奥深くにささった小さな棘から始まる、震えるほどに美しい愛の物語。
母がいるホスピスで僕は子供の頃高原で遊んだ少女に再会、
彼女は虫を一匹一匹つぶすように刺..
posted by magu7☆ at 12:42

2019年04月22日

『リボン』  小川糸    咳が辛い〜(;;)

195冊目の本のご紹介は、 小川糸さんの 『リボン』 IMG_20190421_091149.jpg 宝物は、一緒に過ごした時間のすべて。 ある日、なかよしのおばあさんと少女が小さな鳥の卵を見つけ、ふたりで大切にあたためはじめる。 少女のてのひらの上で生まれたのは、一羽のオカメインコ。 黄色い小鳥は、羽ばたきとともに人々をやさしく結びつけていくのだった。 懸命に生きる人々の再生を描く物語。 小川糸さんの本は久しぶりです。 やっぱり小川糸さんの本は「優しさ」..
posted by magu7☆ at 11:51

2018年11月18日

『蝶々喃々』 小川糸  『いいかげんがいい』 鎌田寛

190冊目と191冊目の本のご紹介です📖 190冊目は 鎌田 寛さんの   『いいかげんがいい』 暴飲暴食でストレスを解消してきた仕事一筋のサラリーマンが、 糖尿病になって初めて気づいた家族のこと。脳卒中で入院した女性が、 リハビリ中にうれしいと言った理由。財政再建団体となった夕張で医療センターを立ち上げた医師の発想―。 「がんばる」主義だった日本をやめて、 しなやかさや弱さを認められる「いい加減」を実践している人達。 人間のなかに必..
posted by magu7☆ at 13:14

2014年09月15日

『つるかめ助産院』  小川 糸 & 「クジラの竜田揚げ」

magu7☆、あの本を読んでから大ファンになって 絶賛おすすめの「小川 糸」さんの 「つるかめ助産院」を読み終わりました本 DSC_0284.jpg 夫が姿を消して傷心の「まりあ」は、 ひとり訪れた南の島で助産院長の鶴田亀子と出会い、予想外の妊娠を告げられる。 家族の愛を知らずに育った彼女は新しい命を身ごもったことに戸惑うが、 島の個性豊かな仲間と美しい海に囲まれ、少しずつ孤独だった過去と向き合うようになりー。 命の誕生と再会の物語。 読まれた方も多いと..
posted by magu7☆ at 10:20

2014年07月05日

『食堂かたつむり』   小川糸    

124冊目のご紹介です本 今回、読み終えた本は、 『食堂かたつむり』  食堂かたつむり.jpg 恋人に家財道具一式を持ち逃げされ、ショックから声を失った倫子は、 故郷に帰って食堂「食堂かたつむり」を開く。 食堂かたつむりの客は一日一組で、 倫子のつくる料理を食べた客には次々と奇跡が起き、願いが叶う食堂との噂になる。 そんなある日、子どもの時から大嫌いだったおかん・ルリコから癌でルリコの余命が半年であることを聞かされる…。 magu7☆の感想 お料理が好き..
posted by magu7☆ at 13:01